足羽山6188

アクセスカウンタ

zoom RSS 日野山(794.5m)

<<   作成日時 : 2018/02/02 22:22   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/02/02(金)晴れ

中平吹コース

出会った人 21人(TH、YM、SDさんほか 天気良かったので小屋入らず、何人いたかは不明)

山頂で下山するへっぽこさんに出会う。(ラッセルして下さった 感謝)

山頂積雪 220センチ

下山はトレースの無い所をスノーシューでふらふらと。

山頂から白山
画像


登山口
画像


石の唐戸
画像


林道横切る
画像


室堂
画像


比丘尼ころばし入口
画像


大比丘尼ころばし
画像


長命水池入口付近
画像


山頂
画像


画像


白山
画像


荒島岳
画像


画像


北の社から
画像


下山します
画像


室堂
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
ツボ足の健脚の方が先行していたのですが、室堂を過ぎた途端に立ち往生。
先から道がなくなっていました。 担いできたスノーシュ−が無駄にならなかったと喜んで装着。 しかし甘かったです(笑) 
昨年、ひとりでかんじき装着でラッセルしたときは水分が多い雪でゆっくり進めば登れました。 今回はパウダ−に近い雪質で急坂になると雪が崩れるだけでなかなか進まない;; 特に比丘尼転ばしになってから
スノ−シュ−は急坂に弱いからジグザクに登るべきだったのですかね?
途中で追いついてくれたかんじき装着の若い衆のお陰で敗退せずに登れました。
山頂近くになって更にもうひとりかんじきが増えてからは嘘のように楽になりました。
鬼だけではなかなかできない体験。 おもしろかったです。
時々、よっさんが平吹コ−スから登る意味が少し理解できたような?




へっぽこ
2018/02/03 05:06
へっぽこさん おはようございます。
昨日はお疲れさまでした。ありがとうございました。

あれだけ雪多くスノーシュー履いていても膝上までがぶり
急登となると大変お疲れになったと思います。
登山道で両側高い所ですから歩き方変えようにも
直進するするしかなく、体力の凄さに感心しています。

私でしたら早々と撤退していたと思います。
下山にスノーシューで比丘尼ころばし手前の林道間2ヶ所
のトレース無かった所歩いておきました。
よっさん
2018/02/03 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
日野山(794.5m) 足羽山6188/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる